記事の詳細

どうも、ブクメです☆

割とアクティブに予定組んでいます。当初は、9月14日(土)は、VONDS市原の試合か、大学サッカーに足を運ぼうと、ぼんやり予定を考えていたのですが、少し前に、浦和レッズユース出身の橋岡和樹が、東京23FCに加入という情報を聞き、調整して足を運べる日がいつになるかなと調べていたのですが、気が付けば、東京23FCが所属する関東社会人リーグもシーズン最終版と言うことで、そもそも、残り試合が少ない状況。

最終節の22日(日)は、ユースの磐田遠征があるということで、今シーズン足を運べる試合がこの日しかないなと思い、また、橋岡和樹が思い描くサッカー選手としての道のりを勝手に想像した時には、このまま東京23FCで来季もプレーするかどうかは、全く分からないことや、このチームでの数試合がスタートラインになって行くのかなと考えたときに、このタイミングでのプレーしている姿を見ておきたいなと思って足を運ぶことにしました。

同時に、VONDS市原での西袋裕太のプレーも見たいなと思っていた流れに関しては、10月の全国社会人サッカー選手権大会を準々決勝から決勝まで3日間見る流れで既に移動手段も宿も確保しました。よって、勝ち上がってきてもらって観ることになるわけです。勝ち上がってくるでしょうから問題ないと思います。

ということで、予定の組み方などもアクティブになっています。

ちょうど、ビジネスパートナーと10月あたりにフィリピンで会うので、これを浦和レッズユース出身の佐藤大介のフィリピン代表の試合に当てようと思っていたのですが、ここは、全社を選ぶことになりました。その1週間後に、フィリピンに行くことは、これまた確定しているのですが。

・・・と、言うことで、日曜日に青森へユースのプレミアリーグの観戦に日帰りで行くと言うことで、ダラダラしていると、今日のブログが延び延びになるということで会場の栃木市総合運動公園陸上競技場から帰宅してすぐにブログを書き始めているのが今です。

橋岡和樹は、加入が決まってから、2試合連続でスタメン。背番号77をつけて右サイドバックでプレーしていました。

今年は、割と関東社会人リーグには、足を運んでいる方ですが、東京23FCが目的のチームの対戦相手となることがなかったので、結果的に初めて見ることになります。

足を運ぶ前に簡単に順位など見る限りは、4チームくらいでほとんど差がなく残留争いをしているという状況のようで、前節勝利して残り2節という状況が今回の試合ですね。

対戦相手は、上位の栃木シティということでしたが、試合内容自体は、相手に先制は許したものの、個々のところでは、相手の方が格上感は出ていたものの、試合としては、拮抗した流れで、東京23FCも多くチャンスは作れていたものの、ゴール前での怖さに欠けるという印象がありつつ。

橋岡和樹は、右サイドバックでしたが、かなり高めに位置取りの事が多く、攻撃に絡む場面も多くなっていました。動きのキレのところでは、こういった公式戦での真剣勝負を長くやっていなかったと思われるのでその辺で、若干思うように動けていないように感じる場面もありつつ、また、良い抜け出しをした時に味方からのパス自体がやや精度に欠けると感じられるところもありつつ、この辺は、まだ2試合目(?)ですから、仕方ないですし、今シーズンこのチームの試合はこれしか見られないので、私が何か言えるところではありません。

久しぶりにプレーを見て楽しむというところと同時に、この試合に足を運んで良かったと思った一つの場面を見ることができたのですが、それは、後半残り5分もないようなところで、0-1のビハインドの状態から、東京23FCが同点ゴールを挙げて1-1に追いつくんですね。

で、この時に、もちろん、残留争いを考えると勝ち点が並んでいるチームもいるような状況ですから、勝ち点1でも大きいという状況ではあったと思うのですが、その得点で満足したかのように喜びを爆発させる選手が多い中で、橋岡和樹が、すぐにボールをセンターサークルに運ぶ姿が見られたんですね。

この1点に喜ぶ選手が多い中で、すぐにゴールからボールを持ってセンターサークルに走り、早く試合再開させようとする橋岡和樹。

そうなんですよね。引き分けOKではないのです。こういう時に、こういう意識で行動できることが凄く重要で、これを見たときに、なんだか、本当に「今日来てよかった」と心底感じたのですよ。

もちろん、チームの表面的な数字以外の細かい状況はわかっていませんので、勝ち点1の大事さで他の多くの選手が同点で喜んでいたことが悪いと言うことではありません。私が考える中での場面で考える必要なことを橋岡和樹がやってくれたことが嬉しかったと言うことだけです。

勝手に橋岡和樹のスタートラインと今日の観戦した試合を私の中で位置づけさせてもらい、今日見せてくれたプレーと姿勢で、ここから、彼がどのようなサッカーキャリアを歩んでいくのかを楽しみにしています。

様々な環境がもしかすると選択を邪魔することもあるかもしれませんが、自分にとって、どういう道のりを歩むことがベストになるのか、時にはエゴを出して、わがままに選択して行くことがあっても良いですし、とにかく、ここからの飛躍を楽しみにしています!

なんだかんだで、私の浦和レッズのアカデミーを見てきた歴史の中で、橋岡和樹や大樹の小学校の時の先生と友達だったという縁がある中で、ジュニアユースに入る選手がいるんだよと、早くから話を聞いていて、まだ彼が小学生の時に、この選手だよということで、教えてもらって、駒場スタジアムでプレー(埼玉県の選抜系の試合なのか、そういうところは覚えていないw)しているのを見たのが初めてになる橋岡和樹ということで、おそらく、最も長く見てきている選手。

これからの活躍と飛躍に期待しています!

ではでは。

関連の写真は、facebookページにアップしています⇒こちら

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る