記事の詳細

どうも、ブクメです☆

2019年は、私にとって本当に様々なことが立て続けに起こっています。一つ一つを前向きにとらえるようにしていくことでプラスになると考えてやっていますが、それでも、選択肢が2つあった時に、どちらを選ぶのが正解なのか分からないことも起こっています。それが今であり、もしかすると私が今回海外に来ていた10日間ほどで、一生後悔することが起こるかもしれない状況と、これからのことで、今海外に来て、しっかり将来のことを決めて行かないといけない出来事と板挟みになりました。

結果的に、負担を他社にかける形で、今回は、熟考した上で、先週末からカンボジアに足を運びました。今回は、以前カンボジアに住んでいた時でカンボジアに来た時に会うスコットランド人のマックスさん(確か以前触れた気がするw)にも行くことを連絡しなかったくらい、大変でした。AFCカップがプノンペンオリンピックで開催されている期間にいたにも関わらず、サッカー観戦なしで終わりました。ここに足を運んで私がやるべきことは、全てやりました。あとは、私自身の努力と大事な人の努力、そして、とにかく仕事を頑張るとか、色々なことがあって初めて見えてくることだと思います。

それでも、カンボジアに行くことを選んだ期間に日本に残してきた心配事で、実際に大きな後悔をするギリギリの出来事も実際起こりましたが、なんとか乗り越えました。

だいぶ話がそれましたが、カンボジアでの予定を終え、タイのバンコクに土曜日から入っています。ここに2日滞在し、帰国するのですが、ここでの今回の目的は、先日ツイッターなどでもツイートしましたが、浦和レッズユース出身で昨シーズンまでタイ3部のチャチュンサオでプレーしていた寄特直人が、今シーズンからタイ2部のMOFカスタムズ・ユナイテッドに移籍したということで、どのようなチームなのかを見たいということで足を運びました。

幸い、今回降り立ったスワンナプーム国際空港から比較的近いスタジアムでもあるため、今回は、スムーズに行くかなと思っていたのですが、そうでもなかったです。

空港の近くとは言っても、空港の裏側に位置するため、バンコク中心部のような賑わいのある場所と言うよりは、ローカル色の強い、大通りに面した場所にあるスタジアムで、駅からのアクセスが容易ではなく、普通は車とかバイクで行く場所なんだろうなという場所。

それでも、私としては、初めて観戦する場所では恒例の、スタジアムへ徒歩圏内のホテルに宿泊して歩いていくというのをやりました。最低でも1キロ以上くらいの距離があるホテルしか見つからなかったので、そこを選んで、大通りをずっと沿って歩いてくだけだから楽だと思ったら、そもそもその通りが人が歩くような歩道をしっかり作っている作りではなく、ビュンビュン飛ばす車やバイクがすれすれを通る、大変な道のりになり、そして、まさかの1年前のチャチュンサオに初めて足を運んだ時と同じ「犬の集団に襲われかける」という経験をここでもすることになりましたというデジャブw

1年前のチャチュンサオに足を運んだ時の記事「アカデミー卒業生関連 2018/03/17 タイ3部リーグ チャチュンサオ vs バンコクFC・・・寄特直人に会ってきましたよ

ちょうど、大通りを歩いていてある程度スタジアムが近づいてきたなと言う道沿いで1匹の犬が吠えてきたなと思ったら、その建物の敷地から10匹以上の犬が一斉に吠えまくる(もちろん、放し飼い状態)、そして、1匹が噛みついてやろうかという距離まで来て吠えまくるというw

で、今回ちょっと違ったのが、この犬の集団が野犬ではなかったこと。家からおばちゃんが出てきて、犬を怒るという流れ。でも、犬の行動は明らかに野犬と変わらないw

まあ、無事だったので、この文章を書いているのですがw

そんな流れでスタジアムに到着しました。

で、最初に書いてしまうと、目的の寄特直人は、ベンチ外でした。そして、ベンチ外の場合は自由に行動できるということで、見に行った寄特直人と一緒にカスタムズ・ユナイテッドの試合を観戦するという不思議な状態になりました。ここに来る前に、この数試合の状況を調べたところ、寄特直人がベンチに入っていない試合が数試合あったので、怪我で離脱しているのだろうなくらいに思っていたのですが、現状は、チームの開幕からの連敗からの監督交代などの流れで現在はメンバーから外れる状況になっているということでした。

試合を見つつ、話をしつつ、試合後も食事しながら話を聞きつつでしたが、簡単に言えば、前向きとかそういうことではなく、逆境に強くなったなと言う印象で、考え方の幅が以前と比べてかなり広がっている印象でした。

もちろん、今いるチームが決して新監督が入ったから安定してきたということでもないのは、試合を見ていても、ポジション変更の指示の「???」なところや、活躍した選手を急にベンチ外にしてみたりする状況からも明らかなので、寄特直人には、チャンスが訪れたときにしっかりつかみきれることを目指してもらうだけです。

そして、広がった視野で、様々な挑戦をしていってほしいということだけです。

そうは言ってもね、東南アジアのサッカーのレベルが急速に上がっていると言われる最近ですが、理不尽の横行は、相変わらず、東南アジアらしい難しさと努力が報われにくい環境が起こりやすい地域ある点は、少しずつしか改善していないようで、まだまだこれからなのだろうなと感じています。

もちろん、プレーしている姿が見られることは、嬉しいのですが、それ以上に私が関わってきた選手が、会うたびに強くなり、広く興味を持ち挑戦したい気持ちを聞かせてくれる方がずっと嬉しいわけです(私の場合。)だから、足を運んで良かったとなるわけです。

ということで、まずは、カスタムズ・ユナイテッドに移籍した寄特直人の2019年3月17日時点を見てきましたよ。

あ、試合は、結局、相手のブラジル人選手にかなりかき回されて先制されたカスタムズ・ユナイテッドでしたが、後半に追いついて同点で終えました。実は、このチームには、もう一人の日本人選手、大久保剛志が所属しており、前節、チームに初勝利をもたらすゴールなども決めていて、この選手を見るのも楽しみにしていたのですが、ベンチ入りはしていたものの、出場はありませんでした。

ではでは。

関連の写真は、facebookページにアップしています⇒こちら

*少し時間がかかるかもしれませんが、今回のスタジアム情報や、もしも私のように大通り沿いを歩いてカスタムズ・スタジアムに行こうという、もの好きな方のために、犬の集団が吠えかかってくるエリアなども別サイトにしっかり掲載する予定ですw

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る