記事の詳細

どうも、ブクメです☆

写真は、アパートの近くにいるトゥクトゥクで、基本的にいつも利用しているトゥクトゥクです。良いですよね、”Life is struggle”。

この国では、100m先の場所に行くだけでも何度もトゥクトゥクやバイクタクシーに声をかけられるくらい、トゥクトゥクドライバーが需要以上にいすぎて飽和状態です。それでも、ただ待つだけのドライバーもいれば、積極的に色々お客さんを探すドライバーもいます。

1年以上いて、一人で行動することも多かったので、色々なドライバーを見てきました。英語が堪能で、名刺を作っていて、固定客を作ろうと努力する人もいれば、いつも同じ場所で眠っていて、積極的に顧客を増やしているトゥクトゥクドライバーを妬むみたいな構図もありました。

このドライバーさんは、英語が堪能で、話も奥が深い。数名の固定客がいて、空港への送迎など割とあるようで、トゥクトゥクを利用しているときでもよく電話がかかってきている。まさに、努力している人。

見習いたい部分は多いですが、私個人的には、頻繁に利用しすぎて節約が必要になってきてトゥクトゥクの利用を少し減らしていて少し申し訳ない気持ちもある今日この頃です。

さてさて、次の日本滞在の日程が決まりました。

今回は、トータルでは、前回より少し長めの滞在になり(というか、そういう日程に組み込んでサッカー以外は別の事をやるという感じにしました。育成の試合に足を運べる日程を考えると、12月最初にもう一人合流するので、サッカー的な予定が思った通り全てに足を運べるかは不明な部分もありますが、ユースは、プレミアリーグの残り3試合、そして、高円宮杯は、1,2回戦まで観戦できる予定で、大学のインカレも足を運べる見込みではあります。

現在、カンボジアのプノンペンにおり、こちらに戻ってから、2節ほどカンボジアリーグの試合が既に開催されているのですが、足を運べておらず、他の事を色々とやっています。若干引きこもりになってますが、今後の事を考えてLife is struggleしてますw

まだ何も決まっていませんが、来年中には、拠点を日本に戻すことも視野に入れており、そのために、こちらで飼っている愛犬を日本に連れていくことになるケースを想定して、検閲のために色々やっています。カンボジアへ動物を入れるのは簡単(現地のペットショップの方曰く)らしいですが、海外から日本へ動物を持ち込むのはかなり大変で、例えば、犬の場合は、狂犬病の予防接種2回とマイクロチップを埋め込む必要があり、狂犬病の2回目の予防接種の後に血液の検査を行い、そこから180日が経過してようやく日本に持ち込めるらしいです。

こういう細かい証明や書類が必要になるケースでは、日系の動物病院があると助かるのですが、プノンペンにはなく、こちらに住んでいる日本人でペットを飼っている人はほぼそこに行っていると紹介されたフランス系の動物病院で進めています。

でも、どんなにスムーズでも愛犬が日本に入れるのは、来年の初夏くらいになるのかなと思います。

現在は、仕事的な部分では、ある種ここにも小さな拠点を置きながら、本格的を日本に戻すことは問題なく、むしろ私にとっては日本に戻ったほうができることが多いのですが、現在は、私一人ではないため、その辺もしっかり確認しながら、進めていきます。

結果的に、U17ワールドカップもプノンペンからだとこうだろうとか、コルカッタの試合は行けそうだとか、ホテルとか、飛行機とかかなり調べていたのですが、結果的に行けず、11月初旬のU18日本代表のモンゴル遠征も、割と調べているのですが、余裕はなさそうです。

ユースの選手もジュニアユースの選手もそのチームに滞在しているのは、3年と3年、ここにベースを置いて関われる同じ顔との時間は短く、私にとってのここ2年くらいは、もどかしいことのほうが多いのですが、それでも2018年に向けては、仕事も浦和サポブクメとしての自分も結構「野心的」な自分がいます。

まさに、人生は努力だ!ですね。

トップチームも(育成も?)、たぶん、来シーズンスタートまでには、また人事系でがっかりすることになるだろうなということも、当然のこととして「想定」しつつ、トップチームにもまた心が少し傾くようになった自分もいたりします。

あとは、私の中での育成発の海外組も増えたので、情報を見ながら、情報が少ないところでは悶々としつつも、デンマークリーグやマルタ2部リーグや、ドイツ4部リーグ、ドイツ2部などなど、気になるリーグは増える一方です。でも、ここに足を運ぶためには、私ももう一歩飛躍しないといけないなとは感じています。

そんな10月末のブクメでした。

先日、大学の埼玉県リーグに育成から進んでいる選手のご父兄の方から、関東リーグ昇格戦に出ることになったという連絡をいただき、「チェックしてます!」と返答したら驚かれましたが、今は、ツイッターなどで様々な情報が得られるので、割と、深くはない情報は、リーグ的には下部だろうが色々調べています。

そういう情報を多く流してくれる方もいます。

私が見られない、ユースのJユースカップも、ジュニアユースの高円宮杯U15の関東予選も、大学サッカーの優勝争い、昇格争いも、関東への昇格をかけた戦いも、JFLも地域リーグからJFLを目指すチームのこの時期の戦いも、とにかく集められるだけ情報を集めて、関わった選手がそこに関わっている場合は、できる限りチェックしていますし、していきます。

ではでは。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る