記事の詳細

どうも、ブクメです☆

そろそろ、日本で浦和のユースとかジュニアユースの試合が見たいストレスが溜まってきました。私の中で最近ショックだったのが、浦和レッズユースのクラブユース選手権予選ののレギュレーションを忘れていて、2回勝って全国が決まったという情報を見た時に、いつの間にかユースの全国が決まっていたという状況だったことですね。

そして、ジュニアユースに関しては、本当に全く帰国しても見られていませんから。

カンボジアでの私の生活で、ちょうど5月~6月にかけて、引っ越して新しい生活、仕事のプロモーションが思うように成果をあげられずに、日本の情報をあまり得られていないというか、ツイッターのチェックすらあまりできていませんでした。

ようやく、6月1日から引っ越して、仕事する環境も整って生活サイクルもよくなってきたところでした。

それなのに、カンボジア代表の試合はしっかり準備している・・・ということではなく、正直なところ、熱狂よりも試合はしっかり見たい方なので、カンボジア代表の試合がオリンピックスタジアムで開催された時のカオスぶりを一度見てしまっているだけに、なんだか代表戦が6月はあるらしいとは思っていたものの、行こうと強く思っていたかと言われると、そうでもなかったのですが。

これは、逆に助かることですが、自分がサッカー好きだと知っている人が、代表戦があることを知って、チケットを買いに行こうと段取りを進めてくれました。

それで、試合の2日前くらいにスタジアムのチケット売り場でチケットを購入。まあ、VIPエリア(VIPとは言っても、メインスタンドのエリアでまだマシというだけなのですが・・・)なら良いかなと思ったら、VIPチケットは売り切れましたということで、その他の席になりました。

ただ、直前になって調べてみたら、Jリーグで以前プレーしていたインドネシア代表のイルファンと現在J3の藤枝MYFCでプレーしているワタナカの対決が見られるということで、そこそこ注目度の高いカードになっていた(カンボジア国内でそういう注目をされていたかはよくわかりませんが)んですね。

他の予定が延びて、結局試合開始には間に合わず、相変わらずのキャパから比べて何枚チケット売っているんだろう、何人に突破侵入されているんだろうというくらい、座席は埋まり、立ってみる人も数列になるような形で萎えましたが、隙間から写真を撮りつつ、前半だけですが見てきました。

ワタナカは11番だったよなと思いつつ、なんとなく遠目に見てもワタナカぽく無いように見えたのですが、ワタナカだったようです。あくまで前半だけの観戦なので、何とも言えませんが、際立って良いプレーができていたということでもなかったようにも思います。

逆に、国際試合出場が禁止されているインドネシア代表の方がやはりワンランク上の強さを見せていましたね。以前スズキカップで見た時同様に、攻撃に関しては、カンボジア代表の選手は、面白い選手が多いのですが、点を取られるときの取られ方が本当に簡単にやられすぎるんですよね。そして、コンサドーレ札幌でプレーしていたイルファンというのは、名前と所属チームとしては良く知っていたのですが、よく考えたら顔も知らないではないか、そして、人数が多すぎるのか、手元のSIMカードでのネット接続もなんだか重たくメンバーなどチェックできず。そもそもイルファンは、出ているのだろうかくらいに思っていたのですが、カンボジア代表のお粗末な守備から個人技できれいにインドネシア代表が先制して、ゴールアナウンスで、イルファンの名前が聴こえ、「あ、出てた。そして、今のきれいなゴールを決めたのがイルファンか。」という形でなんとなく満足していました。

で、前半が終わるころに、スタジアムを後にしました。

そんな観戦の仕方でブログ書いてしまってすみません。

とりあえず、次の帰国予定が、6月中旬ごろからで、本来は、数日滞在していったんカンボジアに戻って、また月末に日本にというスケジュールで考えていたのですが、6月中旬から3週間ほど日本にそのまま滞在することになるかもしれません。

その辺と、育成のことに触れたかったので、ブログとして書きました。

ではでは。

今回の試合観戦の写真などは、facebookページで掲載していますので、ご覧ください。⇒ブクメのサッカー日々facebookページ

 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る