記事の詳細

浦和レッズユース出身の矢島倫太郎の所属するSVホルンのオーストリア2部リーグの情報を不定期でお届けしています。

冬季中断が明けて、SVホルンのトップチームは、中断明け初戦は勝利したものの、その後4試合は引き分けで1勝4分となっており、負けなしで5試合を戦っているとも言えますが、積み上げた勝ち点も少なく、順位自体は、6位ですが、降格圏内のチームと5差で気の抜けない状況が続いています。リーグ自体は、上位3チームと4位以下のチームとの差がかなり開いていますね。

ちなみに、SVホルンの公式サイトをチェックすると、矢島倫太郎は、SVホルンⅡに所属と表記されています。このSVホルンⅡは、SVホルン・アマチュアというチーム名で6部相当のリーグで戦っている模様。少し長めの冬季中断期間ぽく、再開後の初戦が、明日3/22に開催されるようです。SVホルンⅡの所属メンバーの最後のところに矢島倫太郎の名前も追加されているので、しばらくは、ここで戦うというのは、当初言われていた通りのようです。

2014-2015シーズン(全36節)
順位 勝点
1 マッテルスブルク(Mattersburg) 48 14 6 5 48 27
2 リーフェリンク(Liefering) 48 15 3 7 55 38
3 LASKリンツ(LASK Linz) 44 12 8 5 36 23
4 カプフェンベルガーSV(Kapfenberger SV) 33 7 12 6 37 33
5 FACチーム・ヒュル・ウィーン(FAC Team fur Wien) 30 6 12 7 32 36
6 SVホルン(SV Horn) 30 8 6 11 24 33
7 ザンクト・ポルテン(St. Polten) 28 7 7 11 22 28
8 オーストリア・ルステナウ(Austria Lustenau) 28 7 7 11 36 43
9 ハルトベルク(Hartberg) 25 6 7 12 28 41
10 ヴァッカー・インスブルック(Wacker Innsbruck) 24 6 6 13 20 36

*優勝チーム1チームが、1部(ブンデスリーガ)昇格。下位2チームが3部に降格。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る