記事の詳細

堀崎公園グラウンド

 

 

 

 

4-1だったかもw

どうも、浦和サポブクメです☆

まずは新年のご挨拶。明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!・・・て既に1月も終盤で書いても違和感ありますねw

今日は浦和レッズジュニアユースの4月から中学3年生になる現2年生が新チームとして臨む新人戦として位置づけられている埼玉県クラブユースU-14選手権の試合を見に堀崎グラウンドまで行ってきました。浦和レッズジュニアユースは1次リーグ、決勝トーナメントの3回戦までが免除されて4回戦からのシードとして登場となりました。対戦相手はカムイジュニアユースです。

ブクメはまだジュニアユースに関してはほとんど選手の名前と顔が一致しないくらいジュニアユースはただいま勉強中という状況です。3年生の中村駿介やカドコダイアシカンなどが抜けても、なかなか強いという事前の情報を得ていたのですが、試合開始してあっという間にカムイJrの分厚い攻撃で失点してしまい、事前情報とは違ってややバタバタすることになるのかと思いましたが、時間の経過と共に逆に分厚い攻撃で得点シーンをたくさん作り出して(でも、ポストやクロスバーに弾かれるシーンがかなりあったようなw)、結果的に逆転勝利となりました。

この試合では、7番細田真也が攻撃面で何度もチャンスに絡んでいたのが印象的でした。同点ゴールを決めたのも確か彼だったと思います。ペナルティエリアで落ち着いて相手ディフェンダーをかわしてのゴールは見事でした。また、2トップの一角に入っていた9番柳下大樹(?)がポストプレイヤーとしての役割を的確にこなしてチャンスメイクを何度もしていました。

う~ん・・・、たくさん試合見て顔と名前が早く一致するようにブクメも頑張ります。だって、サイドバックで攻撃に絡んでいた選手や中盤で精力的に動き回っていた選手とか印象に残る部分は結構あるのに名前が分からない!

でも、メモを取りながらだと集中できなくなるブクメなので、これからたくさん試合を見て覚えていくので長い眼で見てやってくださいー!

とにかく、勝利で準決勝進出!次の試合は・・・結構先で3月6日になります。

堀崎グラウンドって人工芝の質は凄く良さそうなのですが、見る側からするとかなり見難いグラウンドなんですよね。まあ、見る側のために作られているわけではないから仕方ないんですけどね。

ではでは!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る